温度は上がったのに部屋の中の水分量は変わらないので空気が乾燥する、乾燥したと感じる、これがエアコンを使うと空気が乾燥するという仕組みです。

あなたにとって幸福な生活とは何ですか?

Topics
あなたにとって幸福な生活とは何ですか?

室内の乾燥を防ぐ

あなたにとって幸福な生活とは何ですか?
冬場にエアコンを使うと空気が乾燥するので使いたくないという人がいますね。
冬の室内で快適に生活するために、空気が乾燥する仕組みと対策について少し解説します。
エアコンを使うと確かに室内の湿度計も下がってきます。
実は室内の乾燥の原因はエアコンにあるのではなく湿度の特性にあります。
空気にはそれぞれ水分を含むことができる量が決まっていて、これを「飽和水蒸気量」といいます。
この飽和水蒸気量は気温が上がると上昇する特徴があります。
もともと室内の温度が10℃で湿度が40パーセントだったとしましょう。
寒いと感じてエアコンをつけると温度が上昇します。
しかしその部屋にもともとあった湿度(水分量)は変わりません。
温度は上がったのに部屋の中の水分量は変わらないので空気が乾燥する、乾燥したと感じるのです。
これがエアコンを使うと空気が乾燥するという仕組みです。
空気を暖めるタイプの暖房は空気が暖まれば自動的に湿度が下がることになるわけです。
のどは渇きやすく、皮膚も乾燥しやすくなります。
一方、石油ストーブやガスファンヒーターを使うと乾燥しないと感じます。
これは石油やガスを燃焼させている時に水蒸気が発生しているからです。
そのため、石油ストーブやガスファンヒーターを使っている場合にはエアコンを使っている場合と比べると乾燥しにくいのです。
室内の乾燥を防ぐためにはやはり加湿器が有効です。
濡れたタオルを干すのもよいでしょう。
暖房と上手に付き合って快適な冬を過ごしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017あなたにとって幸福な生活とは何ですか?.All rights reserved.