気圧が低いと体が膨張し体内の血液やリンパの流れる力が低下するので普通の時より流れにくくなり体調不良を起こしやすくなります。

あなたにとって幸福な生活とは何ですか?

Topics
あなたにとって幸福な生活とは何ですか?

気圧と体調の関係

あなたにとって幸福な生活とは何ですか?
体の状態があまりよくないことは体調不良と呼び、体調不良になると生活もつらいものになりますが、病気ではなく気圧の関係で体調不良になるという人がいます。
何気なく聞き流してしまいますが、ふだん天気予報でくらいしか耳にしない気圧がどのように体調に影響を及ぼすのでしょうか。
まずは天気の話になってしまいますが、「標準大気圧」は1013.25hPa=1気圧と定義されています、この数値を規準に晴れの日は高気圧、曇りや雨の日は大気の圧力が低下して低気圧になります。
ちょっと想像しにくいかもしれませんが、わたしたちが生活している時には常に体は気圧(空気の力)で押されているのです。
高気圧のときは体が強く押されていて、低気圧の時は体が弱く押されています。
ちょっと極端に言いますと、高気圧のときは体が縮み、低気圧のときは体が膨張するということになります。
体が膨張すると体内の血液やリンパの流れる力(圧力)が低下するので普通の時より血が流れにくくなり体調不良を起こしやすいということになっています。
例えていえば、ホースで水をまいているときホースの口をつぶすほど勢いよく水が出ますね。
圧力をかけると水の勢いが増すのと同じ原理で、体内の血管やリンパもある程度の圧力で流れを保っているのです。
対処方法ですが、自分で大気圧を加えるわけにはいきませんので、ストレッチ体操、軽い運動、ゆっくり入浴するなどして血管やリンパに刺激をあたえて循環をよくさせるのが効果的でしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017あなたにとって幸福な生活とは何ですか?.All rights reserved.